sifu520

時計、マフラ、指輪ネックレスコピー新品販売,最高品質コピーブランド送料無料

ロレックスさんとパテックフィリップさんとどちらが2020バーゼルの王ですか?

      今の時計の世界では、ロレックスとパテックフィリップは伝説的な存在です。特にここ数年、2つのブランドの現代腕時計は、ファンに人気のあるモデルとして、公定価格を競い合っています。緑のガラス、緑の水の幽霊から陶磁器の輪の迪の鋼の迪、5珠のチェーンGMT IIまで、waiting listから2級の市場の明るいコードの本当の価格の鋼の金のオウムと手雷まで。
      今のところ5711/1 Aのオークション価格は2倍近く公定価格です。双Logoモデルの価格はもっと高くて、骨董品の時計のモデルです。それらはオークション市場でずっとじりじりしています。ロレックスディ通が持っています。ポール・ニューマン本人のディトンは今までで一番高い腕時計です。パーダ・フェアリー・ヘンリー・Graviesの複雑な腕時計はこれまでで一番高い時計です。人民元に換算すると、成約価格はいずれも「小さい目標」を超えています。ポール・ニューマン本人のこの「ポーロニングメン」は2017年に1700万ドル以上オークションにかけられました。そして、2つのブランドは今日もプライベートファミリーに属しています。ロレックスは1908年にブランド登録して以来、ずっとウィルスキドルフ家族によって保有されています。似ているところはいろいろありますが、この二つのブランドを比較して、「一体誰が時計界の真の王者ですか?」このような問題。しかし、彼らは多くの違いがあります。例えば、製品の位置付けには大きな違いがあります。ロレックスは皮の丈夫な道具で身を落ち着けます。2020年パテックフィリップ5078新型の三問表、黒いエナメル盤の渦模様と藤ツル模様の二ブランドはどうやってこのような成績を取りますか?だれが王ですか?標準的な答えはなくて、すべての人の心の中はすべて自分のハムレットがあります。市場のアピール力が十分に強いだけに、毎年腕時計の新商品はそれぞれの計画によって順次更新しています。市場に従う即興の作品が少ないです。ロレックスは2ロレックススーパーコピー腕時計激安専門店019年バーゼル展で、ロレックスは全部で四つの専門シリーズと三つの経典シリーズの腕時計を更新しました。今年のテーマはやはり「芯」に変えます。各シリーズの新型腕時計は引き続き新しい32シリーズのムーブメントに換えます。クラシックシリーズのモデル:2020年には、メインのサイズ表を更新します。36ミリのカレンダー型(Day Date、DD)、36ミリと31ミリのログ型(Date Just、DJ)。2020年ロレックス経典シリーズの新時計専門シリーズのモデル:42ミリ18 Kのプラチナ遊覧船I型を一枚、このシリーズのムーブメントを開けて大スクリーンを更新します。海使とGMT II型は引き続き32シャーシ、シェル、チェーンの異なる組み合わせで組み合わせます。2020年にロレックス専門シリーズの新時計専門シリーズの中で迪通が持つのは比較的に特殊で、タイミングマシンの芯4130は通用しません。20年近くもありますが、31シリーズに比べてまだ若パテックフィリップ スーパーコピーいです。今年のディーンは基本的なモデルを持っていません。公開された情報は高級ジュエリーの腕時計一枚だけです。派手なトラ柄の迷彩、シャンパン色の三眼皿を合わせて、子供を脅かす「虎姑」とは似ていませんか?2020年にロレックスの新型ディープパスが「虎姑」を持つ人々がロレックスの新機軸に注目したのは、前世代31シリーズに比べて32シリーズがロレックス自身が開発した新技術を多く使用しているからです。例えば、特許ParaflexのダンパがKif免震器に取って代わる;先進的な高効率のChronergy拘束装置;全く新しい構造のぜんまい箱は新しいムーブメントの設計を結び付けて、動力の記憶は48時間から70時間まで昇格させます。ロレックスの新世代32シリーズのムーブメント部分の先進技術は理論的には、新技術は古い技術に比べて必ず利益と優勢があります。だから、新しいものを買うか買わないかという理論と新しい商品の発売が待ち遠しい心理があります。新機軸に交換したヨットI型腕時計はブランドの2020年度主力で、18 Kのプラチナケースの材質、公価は21.7万人民元です。2020年のロレックスの新型18 Kプラチナ遊覧船I腕時計ですが、人々の目はやはり「国米圏」の五珠チェーンGMT II鋼の腕時計に引き付けられます。去年の「コーラサークル」と同じで、公価は7.22万円で、実際の市場価格も12万ぐらいになると予想されています。ロレックス運動鋼のブームを維持し続けています。2020年ロレックスの新型GMT II腕時計によると、多くのファンが異議を唱えているかもしれません。「バットマン」とか「バットマン」というべきではないですか?「コーラサークル」も違います。「ペプシサークル」というべきですか?はい、ロレックスGMT腕時計は発売以来、24時間圏内は二色で昼と夜を区別するタイプが一番有名です。最初からアクリルサークルからその後アルミサークル、陶磁器サークルまで、二色の輪はずっと愛称があります。赤と青の配色は、GMTの腕時計の数が一番多いデザインです。ペプシコーラのロゴに似ています。外文のニックネーム「ペプシ」です。中国語では「ペプシサークル」と呼ばれています。国際ミラノチームのユニフォームの主調を「国米圏」と呼びます。「国米圏」はロレックスが陶磁器圏に更新した後、赤と黒の二色はずっと発売されていません。ただオークション市場に残っているのはアルミニウム製の赤と黒の輪だけです。公衆の視線をフェードアウトします。長い間、中国語の世界では「コーラ圏」は以前の「ペプシ圏」と呼ばれるようになりました。アニメファンが消費の主力となるにつれて、「バットマン」「バットマン」はだんだん主流になり、「国米圏」も頻繁に出現してきました。腕時計パテックフィリップ スーパーコピーのニックネームは、時計文化の一部で、時代とファンのグループによって変わることができます。ニックネームはバットマンなどいくつかのブランドに対応しているかもしれません。しかし、味を楽しむべきなのは、現在の傾向は五珠チェーンスチールのモデルがGMT IIタイプの腕時計の基礎モデルになります。だから、五珠チェーンスチールのブラックレッドセラミックサークル、つまりオリジナルの「コーラリング」はもうすぐ来ますか?ロレックスの五珠チェーンスチールのGMT IIタイプの腕時計はまた、新しい時計の中の特殊な盤面DD、ジュエリーの象眼DDと迪通が持つのは、全く違ったロレックスの世界で、それらは実用工具の範囲を超えています。文字盤、時計の輪、時計の鎖の密集型ダイヤモンドは象眼して、および隕石は盤面を切断して、カラーの宝石の盤面、ロレックスの珍しい工芸の時計の項になります。2020年にロレックスの新商品の宝石の象眼DD人々は迪通を虹の輪を持つことを模範として、それより虹を定義することに適する人はいません。今年の色彩宝の時にはDDを表示して、“小さい虹”のニックネームを得て、色も所定の位置に制御します。この平行宇宙では、ロレックスは想像以上の成功を収めています。芸術工芸、ロレックスも得意です。バンダイはもしパテックフィリップの腕時計のモデルを熟知しているなら、ここからブランドの新しい自己リズムと新しい表の由来と歴史の関連が分かります。例えば、5170時間表、G(18 Kプラチナ)、J(18 Kゴールド)、R(18 Kバラゴールド)、P(950プラチナ)の各色の貴金属が出揃い、2020年に5172 Gまで階段を上った。明らかに変化したのは正方形のタイミングボタンを円形に変えて、ケース、時計の耳、針と時標などのデザインを取ってから前万年暦の新作5320 Gです。2020年のパテックフィリップレイの新型5172 G腕時計は5131から5231までのように、パテックフィリップの世界の時に腕時計のエナメル盤を更新しました。前の二年の世界の時の普通版5130から5230までのように、シェル型の変化が大きいです。左は2020年パテックフィリップ新商品5231 Jで、右は前の世代5131 Jパテックフィリップのために毎年新しい機能作品があります。または新技術応用表のモデルです。2020年は周暦腕時計5212 Aとアラーム機能を増加させた飛行家ケース型の両サイドリスト5520 Pがメインです。もちろん伝承の順序は必須です。パテックフィリップの新しい時計はきっと歴史的な縁故関係を見つけることができます。例えば、新品の鋼製の周歴5212と歴史表の2512は、番号から見て近親者であり、細部の設計はもちろんです。ビジネスパーソンの観点から言えば、周歴は非常に実用的で、必要な機能です。特に多国籍企業でよく見られます。2020年パテックフィリップ丽の新しい周歴機能腕時計5212 A企業年度の行事カレンダーには、周は基本時間の単位で、周会、周報などの概念のビジネスパーソンは皆見慣れていません。腕時計には数週間のヒントがあり、鬼に金棒です。オウムの螺子と手雷のスポーツ腕時計はよくある鋼の殻を生産して、カラオケシリーズの鋼の金を量産して珍しくて、この概念から言って、この公価の24.5万鋼の殻の周暦の腕時計は多くの想像の空間があって、商品の相場は避けられません。でも、この腕時計の盤面のデザインは人によって好みがあります。全スペルの月と週の数は表盤の一番外側に置いて、赤い針を通して週の数を正確に表示します。月と週の数は大体同じです。内周も全部スペルで、同じように赤い針で示します。周暦の腕時計の5212 Aの週数と指示日のウィンドウは3時の位置でつけて、ブランドの標識は月曜日に圏内を指示して、小さいフォントで書いて、全体の盘面の内容はとても豊富です。従来のカレンダーなど38ミリの表径に比べて、40ミリの大きさが大きいため、文字盤の表示内容はより合理的との見方があります。12時の位置の下に月とウィンドウズがあります。日付は6時の位置に置いて、カレンダー5396と万年暦5320などのデザインがもっとクラシックです。周数は単独で外輪の指針の指示に設計すればいいです。左はカレンダー機能腕時計5396 Rで、右は万年暦腕時計5320 Gのもう一つの新しい機能表5520 Pで、スーパー複雑な機能の腕時計にランクされています。一番面白いところはこの時計は四つの冠を設計しました。ケースの両側に分けて、歩く時と二つの場所にアラーム機能を調整しました。2020年のパテックフィリップ丽の新しい機能は5520 Pのアラーム機能でシングルハンマーでクラリネットを叩いて完成しました。この腕時計の価格が166万元に達した原因で、パテックフィリップ経典の複雑な機能を超えました。時報表はパテックフィリップの得意技ですから、腕時計の価格はそこで、半分の価格でハンマー音のばねが鳴る音を得て、質問表の門に入りました。2020年のパテックフィリップ麗新表と中国人との関係が一番大きいのは5231です。今回のアップグレードから、パテックフィリップ莉の全世界時間表の東八区時間都市はBeijingがHongkongの代わりになります。新世界時の腕時計5231盤面東八区時間都市はBeijingという変化も意味深長で、過去数年間、Hongkongを東八区の時間都市とする5230腕時計は、数少ない存在となります。バンダイは全部で15種類の新しい時計を更新しています。超複雑な機能の腕時計6300 Gを含めて、多種類の腕時計は青色の文字盤を採用しています。青はきっと白黒の後に一番重要な色になります。緑はだんだん新しい傾向になります。2020年パテックフィリップ新表緑の「手雷」は最後にロレックス2020年バーゼル表展のエピソードを話します。極致の磨きで有名な独立した時計師Philippe Dufourは、バーゼルの腕時計展にロレックスの赤・青の5つのビーズチェーンGMT II腕
      時計、つまり2018年ロレックスのホット腕時計「百事圏」を着用しました。このように、世の中の噂によると、ロレックスはDufour大家になって自腹で買ったのは唯二ブランドの一つです。//end/ルーキ取材手

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
山下

RSS